水サーバーの利用形態による費用の違い

水サーバーに替えて本当によかった

 

子供が生まれてから水にも気を遣うようになり、現在は水サーバーを使用していますが、いきなり水サーバーに切り替えた訳ではありませんでした。

 

初めの頃は、スーパーなどでペットボトルに入った水を購入していたんですが、家族全員が飲む水となりますとどうしても量が多くなってしまいますので、頻繁に購入しに行かなくてはいけませんでした。

 

休日にまとめて購入もしましたが、やはりどうしても足りなくなって何本かは必ずまた購入となっていました。

 

それに、毎回休日に行ける訳ではありませんでしたので、水の購入に少しストレスも感じていました。

 

しかも、飲み終わり空になったペットボトルの容器をゴミとして捨てなくてはいけませんので、ペットボトルをいちいち潰して廃棄する作業も大変でした。

 

しかし、近所の人から水サーバーの良さを聞いて、それならば自分の自宅でもと思い利用してみたんですが、一番驚いたのはその水の美味しさでした。

 

しかも、わざわざ購入しに行く手間も掛からないので本当に助かっています。

 

今までの水の問題が全て解決されたので、これならばもっと早く利用するんだったと思いました。

 

今年は、真夏に重い水を購入し汗だくになって持って帰らなくていいと思うとホッとします。

 

生協宅配サービス比較  http://net-food.com/

 

水サーバーの利用形態による費用の違い

水の宅配サービスと併用されることが一般的な水サーバーは、登場当初から比べるとその利用形式にも変化が起こっていることが分かります。

 

 

 

以前の水サーバーは、現在と違い利用者の買取で提供されているケースが珍しくありませんでした。

 

現在はほとんどの業者がレンタル制を導入しているので、この点で利用者の費用負担が大きく変わって来ます。

 

水サーバーのレンタル料は業者によってまちまちです。

 

1か月あたり数百円程度のところもあれば、千円を超えるところもあります。中にはサーバーレンタル料が無料の業者もあるので、まずはレンタル料の比較をしてみるといいかもしれません。

 

 

 

ただし、レンタル料だけでサーバー業者を選ぶのではありません。水サーバーには定期的なメンテナンスが必要です。安全な水を安全なまま利用するためにも、メンテナンスはとても重要です。

 

メンテナンスを行う際にメンテナンス料が別途必要になる業者もいます。

 

毎月のサーバーレンタル料が無料の業者の場合、メンテナンス料がかかる傾向が強いようです。反対にレンタル料が必要な業者では毎月のレンタル料にメンテナンス料が含まれているケースが多く、定期的なメンテナンスの際に別途の出費が発生する例は少ないと言えるでしょう。

 

導入時の費用だけでなく、こうしたランニングコストも考慮して水サーバー業者を選ぶようにしましょう。